コンテンツにジャンプ

糖尿病研究センター

トップページ > 研究所組織 > 膵島移植プロジェクト > 研究紹介

研究紹介

次世代糖尿病治療としての臨床膵島移植を行い、本治療発展のための基礎研究も進めて行く。 以下のようなプロジェクトが挙げられる。

  • 不安定1型糖尿病に対する同種膵島移植(担当:霜田 雅之)
  • 重症慢性膵炎に対する自家膵島移植(担当:霜田 雅之)
  • バイオ人工膵島の臨床応用(担当:霜田 雅之)
  • 膵島移植・1型糖尿病における自己免疫反応の解析・制御(担当:中條 大輔)
  • 非膵島膵臓細胞からのインスリン産生細胞の再生、分化(担当:霜田 雅之)
  • 生体への遺伝子導入技術を用いた膵島移植の改良および膵島再生(担当:霜田 雅之)
  • iPS細胞からの再生膵島移植の研究、臨床応用(担当:霜田 雅之)
  • 細胞移植の前臨床試験のためのサル、ブタを用いた糖尿病および肝障害モデルの研究(担当:霜田 雅之)

研究紹介

臨床膵島移植プロジェクト発足

アメリカベイラー大学で臨床膵島移植を行い、良好な成績をおさめてきたメンバー(霜田 雅之、中條 大輔、松本 慎一(アドバイザー))が中心となって当センターでプロジェクトを立ち上げ、膵島移植実施を目指して研究を行い、臨床応用へと進めます。


対象は

当センターでは、高度な技術を必要とするこれらの治療を行っています。